ポジティブに、強さと確信を持って、自分を信じること。
「私は進む」

物心ついた頃から、海がいつも私のそばにありました。
「みなと」と名付けられ、両親の影響もあり幼い頃からサーフィンを始め、自然とプロを目指すように。
サーフィンというスポーツは、自分のスキルだけではなく、天候や波・風の状態によっても結果が大きく左右されます。
いい波に乗れるかどうかは、もちろん競技中の駆け引きもありますが、その時の波や風の動きを察知して、自分の直感を信じることが大事。

自然が相手なので、どうにもならないこともあります。
個人競技なので、ひたすら自分との戦いを続け、怪我や命のリスクもある。
競技では波に乗った時の美しさも演技として評価されますが、同じ波は二度と来ないので、同じ演技を繰り返すこともできない。
ゴールというものがなくて、ひたすらいい波に乗りたい、美しい技を繰り出したい。
それができなかった時も、やっぱり好きだから必ず海に戻ってくるんです。
私は海に挑戦してるのではなく、自分に挑戦し続けている。
自分自身を理解しているからこそ、次への挑戦ができる。

常に胸を張ってポジティブにいることが、自信へつながっていると信じています。
 
 
PROFILE
高橋 みなと / MINATO TAKAHASHI

@minaaaaato


プロサーファー

1993生まれ
小学校3年生からサーフィンを始め、NSA(日本サーフィン連盟)やWSL JAPAN(世界サーフィン連盟日本支局)に参戦し、ISA(国際サーフィン連盟)とWSLのワールトジュニアに日本代表として選出される。
2011年、東日本大震災により地元仙台でのサーフィンは不可能とされたが、県外や国外で練習を積み、その年JPSAマニューバーラインカップにて公認プロ資格を取得と同時に4位入賞を果たす。
雑誌やラジオ、メディアへの露出も多く、2013年にはマルハンワールドチャレンジャーズにて協賛金100万円を獲得するなど、様々な分野で挑戦・活動している。
目標は「記憶に残るライディングで観客を魅了すること」
 
#これが私の美しさ SNS投稿キャンペーン
ボビイ ブラウンのSNS公式アカウントをフォローし、#これが私の美しさ のハッシュタグをつけて、
あなた自身が思う美しさについて、自身のSNSアカウントへ投稿していただいた方の中から、
抽選で合計1,000名様以上に豪華プレゼント!