Bobbi's Story
すべてはシンプルなアイデアから始まりました。ナチュラルに見えるメイクアップをするということ。

「きれいになるのはとても簡単。
Be Who You Are 自分の魅力に気づくだけ」

チャプター1
ボビイの原点

ボビイ ブラウンのメイクアップはフレッシュで、クリーンそしてモダン、いつの時代にも通用するナチュラルメイクの代表的存メイクアップアーティストとして、ニューヨークでカルト的な人気構築しました。有名なカメラマンと協力し合い、決して人工的なメイクに見えないようになめらかでナチュラル、そして健康的に見えるルックを追及しました。

「背がすらりと高く痩せていて、その当時流行っていた人気モデルのようにブロンドだったらな」 - 10代の頃はずっとそんなことばかり考えていましたが、実際の私は正反対のタイプでした」しかし、その当時観た映画に出ていた女優のアリ・マッグローの、ナチュラルなメイクアップ、ダークヘアーをみてピンときたのです!これこそが、私のメイクスタイルが生まれた原点でもあります。その後、ボビイはエマーソンカレッジで学位を取得し、プロのメイクアップアーティストして働くためにニューヨークへ向かったのです。

チャプター2
レボリューション

1991年、ボビイは10色のリップスティックをニューヨークにある高級デパート、バーグドルフグッドマンで売り出し、成功を収めました。ボビイは最初の1か月で売る予定だった100本のリップスティックを、わずか1日で売り切ったのです。そのデビューから4年後、ボビイ ブラウンはビューティー王国であるエスティローダー社の傘下に加わりました。

80年代、その当時のメイクといえば不自然に白い肌、真赤なリップ、輪郭を強調するチークなどが流行っていましたが、それが美しいとは感じられず、ありふれた色に飽き飽きしていました。その時、ボビイはある科学者と出会い、彼女と共に独自のリップの開発をします。唇をより自然に、そしてきれいに見せてくれるリップスティックを。

チャプター3
プリティパワフル

ブランド設立から20年後、ボビイはメイクアップ法について定義し続けています。2010年には、実在の女性のメイク前、メイク後を使用したキャンペーン広告が美容業界に大きな反響を与えました。「女性はメイクアップをしていなくても、美しいが、メイクをすると最強に美しくなる」

ボビイ ブラウン コスメティクスは女性が設立したNo. 1メイクアップアーティストブランド。今日では世界60か国に展開しており、ニューヨークのバーグドルフグッドマン、ニーマンマーカス、サックスフィフスアヴェニュー、ブルーミングデールズやQVC、セフォラ、メーシーズ、ハロッズ、セルフリッジ、伊勢丹、髙島屋などに店舗を構え、75の直営店も展開。