Bobbi's Story
すべてはシンプルなアイデアから始まりました。ナチュラルに見えるメイクアップをするということ。

「きれいになるのはとても簡単。
Be Who You Are 自分の魅力に気づくだけ」

チャプター1
ボビイの原点

ボビイ ブラウンのメイクアップはフレッシュで、クリーンそしてモダン、いつの時代にも通用するナチュラルメイクの代表的存メイクアップアーティストとして、ニューヨークでカルト的な人気構築しました。有名なカメラマンと協力し合い、決して人工的なメイクに見えないようになめらかでナチュラル、そして健康的に見えるルックを追及しました。

「背がすらりと高く痩せていて、その当時流行っていた人気モデルのようにブロンドだったらな」 - 10代の頃はずっとそんなことばかり考えていましたが、実際の私は正反対のタイプでした」しかし、その当時観た映画に出ていた女優のアリ・マッグローの、ナチュラルなメイクアップ、ダークヘアーをみてピンときたのです!これこそが、私のメイクスタイルが生まれた原点でもあります。その後、ボビイはエマーソンカレッジで学位を取得し、プロのメイクアップアーティストして働くためにニューヨークへ向かったのです。

チャプター2
レボリューション

1991年、ボビイは10色のリップスティックをニューヨークにある高級デパート、バーグドルフグッドマンで売り出し、成功を収めました。ボビイは最初の1か月で売る予定だった100本のリップスティックを、わずか1日で売り切ったのです。そのデビューから4年後、ボビイ ブラウンはビューティー王国であるエスティローダー社の傘下に加わりました。

80年代、その当時のメイクといえば不自然に白い肌、真赤なリップ、輪郭を強調するチークなどが流行っていましたが、それが美しいとは感じられず、ありふれた色に飽き飽きしていました。その時、ボビイはある科学者と出会い、彼女と共に独自のリップの開発をします。唇をより自然に、そしてきれいに見せてくれるリップスティックを。

チャプター3
プリティパワフル

ブランド設立から20年後、ボビイはメイクアップ法について定義し続けています。2010年には、実在の女性のメイク前、メイク後を使用したキャンペーン広告が美容業界に大きな反響を与えました。「女性はメイクアップをしていなくても、美しいが、メイクをすると最強に美しくなる」

ボビイ ブラウン コスメティクスは女性が設立したNo. 1メイクアップアーティストブランド。今日では世界60か国に展開しており、ニューヨークのバーグドルフグッドマン、ニーマンマーカス、サックスフィフスアヴェニュー、ブルーミングデールズやQVC、セフォラ、メーシーズ、ハロッズ、セルフリッジ、伊勢丹、髙島屋などに店舗を構え、75の直営店も展開。

Bobbi's Biggest Moments
1980

エマーソン・カレッジで舞台メイクの学士号を取得し、プロのメイクアップアーティストになるためにニューヨークに移り住む。

1981

はじめて雑誌写真の仕事を手掛け、雑誌「Glamour」に掲載される。

1987

初めて「ヴォーグ」誌のカバーを担当。有名な写真家のパトリック・でマルシェリエ、スーパーモデルのナオミ・キャンベルと仕事をする。

1990

ある科学者の協力を得て、
非常に使いやすい10色の
リップスティックを開発。

1991

ボビイ ブラウン エッセンシャルズのリップスティックを、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンで発売。ボビイが期待した売り上げは最初の1か月で100本だったが、実に初日で100本の売上げを記録する。

1992

これまでになかったイエローベースのファンデーションスティックの導入によって、メイクアップに文字通りの改革を起こす。

1995

むらなくメイクできる肌をつくるためのスキンケア シリーズを開発。エスティー ローダーに会社を売却。今なおCEOとして会社を牽引。

1996

\オフィシャルウェブサイト bobibrown.com を立ち上げる

1997

初の著書「Bobbi Brown Beauty」(ボビイ ブラウン ビューティー:究極の美容バイブル)を執筆。ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2000

2冊目の著書「Bobbi Brown Teenage Beauty: Everything You Need to Look Pretty, Natural, Sexy & Awesome」を執筆。 ニューヨーク タイムズ ベストセラー入り。

2001

ボビイ ブラウン コスメティックスの設立10周年。ニューヨークのドレス・フォー・サクセス(ジェーン・アダムズ職業訓練校)と継続的な協力関係を結ぶ。

2002

3冊目の著書「Bobbi Brown Beauty Evolution: A Guide to Lifetime of Beauty」を発表、ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2003

ボビイを象徴するシマーブリックがブランドを代表する製品となる。今では世界のどこかでシマーブリックは1分に1つ売れている。

2007

ニュージャージー州モンクレールに「ザ・ストゥディオ」をオープン。ボビイブラウン初の直営店舗としてアーティストや顧客向けのトレーニングスペースを設け、大成功を収める。

2008

ボビイの5冊目の著書、「ボビイ ブラウン メイク アップマニュアル」が、すぐにベストセラーになる。

2009

ボビイはオバマ大統領とジョー バイデン副大統領の就任式に出席し、ジル バイデンのメイクアップを担当。

2010

プリティーパワフルキャンペーンをスタート。実在女性のメイクアップ前後の写真を載せた広告キャンペーンが美容業界に新しい基盤を築く。また、ボビイはオバマ大統領に貿易政策や交渉報告員会のシニアパネリストに任命される。6冊目の著書、「ビューティールールズ」を出版。

2011

ボビイ ブラウン コスメティクスは、女性初のNo.1メイクアップ アーティスト ブランドとなりました。またブランド20周年を祝って、ボビイのオンラインマガジン、「エブリシング ボビイ」がスタート。EverythingBobbi.com

2012

7冊目となる著書「Pretty Powerful」を発表。ニューヨークのブルームストリートアカデミーをパートナーシップを結ぶ。

2013

ボビイ ブラウン コスメティクスは、新たに女性や少女のためのグローバルチャリティー、プリティパワフルキャンペーンを開催。

2014

8冊目となる著書、「エブリシング フォー アイズ」の出版とともに、サフィロと提携しサングラスやメガネのアイウェア コレクションを発売。また、Yahoo Beautyのチーフエディターに就任。

1980

エマーソン・カレッジで舞台メイクの学士号を取得し、プロのメイクアップアーティストになるためにニューヨークに移り住む。

1981

はじめて雑誌写真の仕事を手掛け、雑誌「Glamour」に掲載される。

1987

初めて「ヴォーグ」誌のカバーを担当。有名な写真家のパトリック・でマルシェリエ、スーパーモデルのナオミ・キャンベルと仕事をする。

1990

ある科学者の協力を得て、
非常に使いやすい10色の
リップスティックを開発。

1991

ボビイ ブラウン エッセンシャルズのリップスティックを、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンで発売。ボビイが期待した売り上げは最初の1か月で100本だったが、実に初日で100本の売上げを記録する。

1992

これまでになかったイエローベースのファンデーションスティックの導入によって、メイクアップに文字通りの改革を起こす。

1995

むらなくメイクできる肌をつくるためのスキンケア シリーズを開発。エスティー ローダーに会社を売却。今なおCEOとして会社を牽引。

1996

\オフィシャルウェブサイト bobibrown.com を立ち上げる

1997

初の著書「Bobbi Brown Beauty」(ボビイ ブラウン ビューティー:究極の美容バイブル)を執筆。ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2000

2冊目の著書「Bobbi Brown Teenage Beauty: Everything You Need to Look Pretty, Natural, Sexy & Awesome」を執筆。 ニューヨーク タイムズ ベストセラー入り。

2001

ボビイ ブラウン コスメティックスの設立10周年。ニューヨークのドレス・フォー・サクセス(ジェーン・アダムズ職業訓練校)と継続的な協力関係を結ぶ。

2002

3冊目の著書「Bobbi Brown Beauty Evolution: A Guide to Lifetime of Beauty」を発表、ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2003

ボビイを象徴するシマーブリックがブランドを代表する製品となる。今では世界のどこかでシマーブリックは1分に1つ売れている。

2007

ニュージャージー州モンクレールに「ザ・ストゥディオ」をオープン。ボビイブラウン初の直営店舗としてアーティストや顧客向けのトレーニングスペースを設け、大成功を収める。

2008

ボビイの5冊目の著書、「ボビイ ブラウン メイク アップマニュアル」が、すぐにベストセラーになる。

2009

ボビイはオバマ大統領とジョー バイデン副大統領の就任式に出席し、ジル バイデンのメイクアップを担当。

2010

プリティーパワフルキャンペーンをスタート。実在女性のメイクアップ前後の写真を載せた広告キャンペーンが美容業界に新しい基盤を築く。また、ボビイはオバマ大統領に貿易政策や交渉報告員会のシニアパネリストに任命される。6冊目の著書、「ビューティールールズ」を出版。

2011

ボビイ ブラウン コスメティクスは、女性初のNo.1メイクアップ アーティスト ブランドとなりました。またブランド20周年を祝って、ボビイのオンラインマガジン、「エブリシング ボビイ」がスタート。EverythingBobbi.com

2012

7冊目となる著書「Pretty Powerful」を発表。ニューヨークのブルームストリートアカデミーをパートナーシップを結ぶ。

2013

ボビイ ブラウン コスメティクスは、新たに女性や少女のためのグローバルチャリティー、プリティパワフルキャンペーンを開催。

2014

8冊目となる著書、「エブリシング フォー アイズ」の出版とともに、サフィロと提携しサングラスやメガネのアイウェア コレクションを発売。また、Yahoo Beautyのチーフエディターに就任。

#PrettyPowerful

#PrettyPowerful

2013年、ボビイ ブラウン コスメティクスは、ブランドのあらゆる慈善活動を一括して、その傘下にまとめる非営利の運動、「プリティー パワフル キャンペーン フォー ウィメン&ガールズ」を立ち上げました。

#PrettyPowerful

#PrettyPowerful

2013年、ボビイ ブラウン コスメティクスは、ブランドのあらゆる慈善活動を一括して、その傘下にまとめる非営利の運動、「プリティー パワフル キャンペーン フォー ウィメン&ガールズ」を立ち上げました。

どんなキャンペーン?
このキャンペーンで行う慈善的な取り組みへの資金として、毎年限定で発売されるプリティー パワフル シリーズの売り上げが充てられています。

パートナーズ

現在、このプリティーパワフルキャンペーンが支援している組織は、Girl Rising、Broome Street Academyなどで、発展途上における女性の権利向上や、十分な教育を受けることができない子供たちの将来を手助けするサポートをしています。

Girl Rising

Girl Rising

発展途上国での女性の権利向上のために設立された基金で、世界に7つある組織団体に物資を届けています。

もっと読む非表示
ブルーム ストリート アカデミー

ブルーム ストリート アカデミー

ブルームストリートアカデミーはニューヨークにある無料の公立高校で、孤児、または十分な教育を受けることができない子供たちの手助けをする目的で作られた学校です。

もっと読む非表示
Bobbi's Story
すべてはシンプルなアイデアから始まりました。ナチュラルに見えるメイクアップをするということ。

「きれいになるのはとても簡単。
Be Who You Are 自分の魅力に気づくだけ」

チャプター1
ボビイの原点

ボビイ ブラウンのメイクアップはフレッシュで、クリーンそしてモダン、いつの時代にも通用するナチュラルメイクの代表的存メイクアップアーティストとして、ニューヨークでカルト的な人気構築しました。有名なカメラマンと協力し合い、決して人工的なメイクに見えないようになめらかでナチュラル、そして健康的に見えるルックを追及しました。

「背がすらりと高く痩せていて、その当時流行っていた人気モデルのようにブロンドだったらな」 - 10代の頃はずっとそんなことばかり考えていましたが、実際の私は正反対のタイプでした」しかし、その当時観た映画に出ていた女優のアリ・マッグローの、ナチュラルなメイクアップ、ダークヘアーをみてピンときたのです!これこそが、私のメイクスタイルが生まれた原点でもあります。その後、ボビイはエマーソンカレッジで学位を取得し、プロのメイクアップアーティストして働くためにニューヨークへ向かったのです。

チャプター2
レボリューション

1991年、ボビイは10色のリップスティックをニューヨークにある高級デパート、バーグドルフグッドマンで売り出し、成功を収めました。ボビイは最初の1か月で売る予定だった100本のリップスティックを、わずか1日で売り切ったのです。そのデビューから4年後、ボビイ ブラウンはビューティー王国であるエスティローダー社の傘下に加わりました。

80年代、その当時のメイクといえば不自然に白い肌、真赤なリップ、輪郭を強調するチークなどが流行っていましたが、それが美しいとは感じられず、ありふれた色に飽き飽きしていました。その時、ボビイはある科学者と出会い、彼女と共に独自のリップの開発をします。唇をより自然に、そしてきれいに見せてくれるリップスティックを。

チャプター3
プリティパワフル

ブランド設立から20年後、ボビイはメイクアップ法について定義し続けています。2010年には、実在の女性のメイク前、メイク後を使用したキャンペーン広告が美容業界に大きな反響を与えました。「女性はメイクアップをしていなくても、美しいが、メイクをすると最強に美しくなる」

ボビイ ブラウン コスメティクスは女性が設立したNo. 1メイクアップアーティストブランド。今日では世界60か国に展開しており、ニューヨークのバーグドルフグッドマン、ニーマンマーカス、サックスフィフスアヴェニュー、ブルーミングデールズやQVC、セフォラ、メーシーズ、ハロッズ、セルフリッジ、伊勢丹、髙島屋などに店舗を構え、75の直営店も展開。

Bobbi's Biggest Moments
1980

エマーソン・カレッジで舞台メイクの学士号を取得し、プロのメイクアップアーティストになるためにニューヨークに移り住む。

1981

はじめて雑誌写真の仕事を手掛け、雑誌「Glamour」に掲載される。

1987

初めて「ヴォーグ」誌のカバーを担当。有名な写真家のパトリック・でマルシェリエ、スーパーモデルのナオミ・キャンベルと仕事をする。

1990

ある科学者の協力を得て、
非常に使いやすい10色の
リップスティックを開発。

1991

ボビイ ブラウン エッセンシャルズのリップスティックを、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンで発売。ボビイが期待した売り上げは最初の1か月で100本だったが、実に初日で100本の売上げを記録する。

1992

これまでになかったイエローベースのファンデーションスティックの導入によって、メイクアップに文字通りの改革を起こす。

1995

むらなくメイクできる肌をつくるためのスキンケア シリーズを開発。エスティー ローダーに会社を売却。今なおCEOとして会社を牽引。

1996

\オフィシャルウェブサイト bobibrown.com を立ち上げる

1997

初の著書「Bobbi Brown Beauty」(ボビイ ブラウン ビューティー:究極の美容バイブル)を執筆。ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2000

2冊目の著書「Bobbi Brown Teenage Beauty: Everything You Need to Look Pretty, Natural, Sexy & Awesome」を執筆。 ニューヨーク タイムズ ベストセラー入り。

2001

ボビイ ブラウン コスメティックスの設立10周年。ニューヨークのドレス・フォー・サクセス(ジェーン・アダムズ職業訓練校)と継続的な協力関係を結ぶ。

2002

3冊目の著書「Bobbi Brown Beauty Evolution: A Guide to Lifetime of Beauty」を発表、ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2003

ボビイを象徴するシマーブリックがブランドを代表する製品となる。今では世界のどこかでシマーブリックは1分に1つ売れている。

2007

ニュージャージー州モンクレールに「ザ・ストゥディオ」をオープン。ボビイブラウン初の直営店舗としてアーティストや顧客向けのトレーニングスペースを設け、大成功を収める。

2008

ボビイの5冊目の著書、「ボビイ ブラウン メイク アップマニュアル」が、すぐにベストセラーになる。

2009

ボビイはオバマ大統領とジョー バイデン副大統領の就任式に出席し、ジル バイデンのメイクアップを担当。

2010

プリティーパワフルキャンペーンをスタート。実在女性のメイクアップ前後の写真を載せた広告キャンペーンが美容業界に新しい基盤を築く。また、ボビイはオバマ大統領に貿易政策や交渉報告員会のシニアパネリストに任命される。6冊目の著書、「ビューティールールズ」を出版。

2011

ボビイ ブラウン コスメティクスは、女性初のNo.1メイクアップ アーティスト ブランドとなりました。またブランド20周年を祝って、ボビイのオンラインマガジン、「エブリシング ボビイ」がスタート。EverythingBobbi.com

2012

7冊目となる著書「Pretty Powerful」を発表。ニューヨークのブルームストリートアカデミーをパートナーシップを結ぶ。

2013

ボビイ ブラウン コスメティクスは、新たに女性や少女のためのグローバルチャリティー、プリティパワフルキャンペーンを開催。

2014

8冊目となる著書、「エブリシング フォー アイズ」の出版とともに、サフィロと提携しサングラスやメガネのアイウェア コレクションを発売。また、Yahoo Beautyのチーフエディターに就任。

1980

エマーソン・カレッジで舞台メイクの学士号を取得し、プロのメイクアップアーティストになるためにニューヨークに移り住む。

1981

はじめて雑誌写真の仕事を手掛け、雑誌「Glamour」に掲載される。

1987

初めて「ヴォーグ」誌のカバーを担当。有名な写真家のパトリック・でマルシェリエ、スーパーモデルのナオミ・キャンベルと仕事をする。

1990

ある科学者の協力を得て、
非常に使いやすい10色の
リップスティックを開発。

1991

ボビイ ブラウン エッセンシャルズのリップスティックを、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンで発売。ボビイが期待した売り上げは最初の1か月で100本だったが、実に初日で100本の売上げを記録する。

1992

これまでになかったイエローベースのファンデーションスティックの導入によって、メイクアップに文字通りの改革を起こす。

1995

むらなくメイクできる肌をつくるためのスキンケア シリーズを開発。エスティー ローダーに会社を売却。今なおCEOとして会社を牽引。

1996

\オフィシャルウェブサイト bobibrown.com を立ち上げる

1997

初の著書「Bobbi Brown Beauty」(ボビイ ブラウン ビューティー:究極の美容バイブル)を執筆。ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2000

2冊目の著書「Bobbi Brown Teenage Beauty: Everything You Need to Look Pretty, Natural, Sexy & Awesome」を執筆。 ニューヨーク タイムズ ベストセラー入り。

2001

ボビイ ブラウン コスメティックスの設立10周年。ニューヨークのドレス・フォー・サクセス(ジェーン・アダムズ職業訓練校)と継続的な協力関係を結ぶ。

2002

3冊目の著書「Bobbi Brown Beauty Evolution: A Guide to Lifetime of Beauty」を発表、ニューヨーク タイムズ ベストセラーに入る。

2003

ボビイを象徴するシマーブリックがブランドを代表する製品となる。今では世界のどこかでシマーブリックは1分に1つ売れている。

2007

ニュージャージー州モンクレールに「ザ・ストゥディオ」をオープン。ボビイブラウン初の直営店舗としてアーティストや顧客向けのトレーニングスペースを設け、大成功を収める。

2008

ボビイの5冊目の著書、「ボビイ ブラウン メイク アップマニュアル」が、すぐにベストセラーになる。

2009

ボビイはオバマ大統領とジョー バイデン副大統領の就任式に出席し、ジル バイデンのメイクアップを担当。

2010

プリティーパワフルキャンペーンをスタート。実在女性のメイクアップ前後の写真を載せた広告キャンペーンが美容業界に新しい基盤を築く。また、ボビイはオバマ大統領に貿易政策や交渉報告員会のシニアパネリストに任命される。6冊目の著書、「ビューティールールズ」を出版。

2011

ボビイ ブラウン コスメティクスは、女性初のNo.1メイクアップ アーティスト ブランドとなりました。またブランド20周年を祝って、ボビイのオンラインマガジン、「エブリシング ボビイ」がスタート。EverythingBobbi.com

2012

7冊目となる著書「Pretty Powerful」を発表。ニューヨークのブルームストリートアカデミーをパートナーシップを結ぶ。

2013

ボビイ ブラウン コスメティクスは、新たに女性や少女のためのグローバルチャリティー、プリティパワフルキャンペーンを開催。

2014

8冊目となる著書、「エブリシング フォー アイズ」の出版とともに、サフィロと提携しサングラスやメガネのアイウェア コレクションを発売。また、Yahoo Beautyのチーフエディターに就任。

#PrettyPowerful

#PrettyPowerful

2013年、ボビイ ブラウン コスメティクスは、ブランドのあらゆる慈善活動を一括して、その傘下にまとめる非営利の運動、「プリティー パワフル キャンペーン フォー ウィメン&ガールズ」を立ち上げました。

#PrettyPowerful

#PrettyPowerful

2013年、ボビイ ブラウン コスメティクスは、ブランドのあらゆる慈善活動を一括して、その傘下にまとめる非営利の運動、「プリティー パワフル キャンペーン フォー ウィメン&ガールズ」を立ち上げました。

どんなキャンペーン?
このキャンペーンで行う慈善的な取り組みへの資金として、毎年限定で発売されるプリティー パワフル シリーズの売り上げが充てられています。

パートナーズ

現在、このプリティーパワフルキャンペーンが支援している組織は、Girl Rising、Broome Street Academyなどで、発展途上における女性の権利向上や、十分な教育を受けることができない子供たちの将来を手助けするサポートをしています。

Girl Rising

Girl Rising

発展途上国での女性の権利向上のために設立された基金で、世界に7つある組織団体に物資を届けています。

もっと読む非表示
ブルーム ストリート アカデミー

ブルーム ストリート アカデミー

ブルームストリートアカデミーはニューヨークにある無料の公立高校で、孤児、または十分な教育を受けることができない子供たちの手助けをする目的で作られた学校です。

もっと読む非表示